従来の心理療法との違いは?

従来の心理療法との違いは?

当院の感情解放セッションは、従来のカウンセリングや心理療法とは大きく異なります。
このページでは、感情解放セッションが従来の療法と、どのような点において違うのかについて解説しております。

 

心と身体のつながりを重視する

従来のカウンセリングやポジティブシンキングと決定的に違う点は、感情面だけを切り取って考えるのではなく、心と身体のつながりを重視している点です。

心からアプローチして身体が楽になることもあれば、身体からアプローチして心が楽になることもあります。具体的には、背中を調整してプレッシャーを和らげたり、骨盤を調整して不安を取り除いたり、というような感じです。

また、セッションでは、カウンセリングと身体の反射を使った特殊な検査を併用することで、自分自身でも気付かなかったような深い部分の感情まで調べることができます。

 

マイナス部分を取り除く

いわゆる「プラス思考」「ポジティブ思考」のように強引に思考をプラス方向へと向けることはしません。

ポジティブシンキングを否定するわけではありませんが、ブレーキとなっているストレス感情の影響が大きい場合、そのままだとポジティブな状態に持っていけても長続きしないからです。

感情解放セッションで、ブレーキとなっているマイナス部分の感情や思考を取り除くと、「プラス思考で考えないと!」と無理に頑張らなくても、自然にポジティブな状態(あるいは±ゼロの状態)に近づいていきます。

 

即効性が高い

原因となっている感情を適確に取り除くことができれば、その場で効果を実感することができます。その結果、何年も悩み続けた感情面での悩みが数分のセッションで一気に解決することも珍しくありません。

いくつもの感情が複雑に絡み合っている場合は、それなりの時間を必要としますが、一つの感情だけであれば1時間以内に気にならないレベルにまで解決できるケースが多いです。(個人差はあります)

 

インターネット予約はこちらをクリック!

2012年7月7日

このページの先頭へ